池田一樹s diary

池田一樹の日記

″おっさんずラブ″とは

■良かったこと

①通勤時に新たな道を歩いたこと

今日は久しぶりに自社に出社した。

年末調整書類を提出するためだ。

「ひと駅分歩こう活動」を開始してから初めての自社出社。

どんな街並みや景色が見られるか期待していた。

最近、初めて通る道を歩くことが快感になってきた。

 

会社は東京タワーのすぐ近くにある。

知らない道でも遠くに見える東京タワーを目指せば自然と会社にはたどり着ける。

普段見ているのとは違う角度から東京タワーを見ると、見慣れない建物たちに囲まれていて、なんだか別の土地にそびえ立っているような不思議な感覚になった。

途中で公園を発見し、寄り道してみた。

かなり大きな公園で、平行棒(?)や、ぶら下がることができる器具など、トレーニングに使えそうなものがチラホラとあった。

公園でのトレーニング動画をアップしている人が使いそうだな。

家の近くにこんな公園が欲しい。

 

20分弱で到着。

自席がある11階まで階段を使い、「程よい」を通り越した量の汗を拭いながら業務開始。

 

②年末調整書類を「一部」提出できたこと

これが毎年面倒くさい。

特に細かい金額の記載だ。

随所にある足し算の結果が正しいか、全員分確認する人がいるんだろうか?

もう少し負荷を減らせる方法があると思うのだが。

通常業務もしながら、書き間違えたりしながら書類を整理していたらあっという間にお昼になってしまった。

 

そして、住宅借入金に関する申告書を家に忘れたことに気づく。

期限(2日後)に間に合わない!と頭で考えるのと同時か、むしろそれより早いタイミングで人事担当への謝罪メールをタイピングしていた。

帰社できる日が限られているので1日遅れで出すとしよう。

 

③「おっさんずラブ」を見終えたこと

田中圭演じる主人公が同じ職場の男性達との恋愛に振り回されるドラマだ。

主人公は良くモテる。

男ばかりではなく、女性でも主人公のことを好きになる人が現れる。

そんな人たちの奮闘、葛藤が描かれている。

前半はコメディーが占めていたがだんだん各々の事情や心境が現れてきて切なくなるシーンが増えてきた。

嫉妬やすれ違いが描かれている場面で俳優のアップが映ると、「普通のドラマだったらここは女優さんなんだろうな」と今までのドラマのはひと味異なる設定に見入っていた。

ラスト10分になるまで、どういう展開に落ち着くのかわからず、ハラハラさせられた。

最後は僕の大好きなハッピーエンドで終わったので大満足!

 

1人の男を取り合っていたのが、いつの間にか相手の幸せを第一に考えて自ら身を引いていく、といった″人間らしさ″が感じられた部分が良かった。

これに関しては恋愛感情や性別に関係なく大事なことだと思った。

 

久しぶりに見たドラマは大当たりだった。

見る機会を少し増やしてみようかな。

心に刺さるメッセージ

■良かったこと

①インプット+アウトプットできたこと

CloudFormationを学んだ。

AWSでサーバやネットワーク等のリソースを自動で構築するサービスだ。

このサービスに関する既存の設定には不十分な点があることが判明した。

その対応案を提示し、改修作業担当を名乗り出た。

有識者であれば瞬時に終わる内容だが、僕は全く触れたことがないので、1から勉強しないといけない。

今まではググって、読んで、「ふむふむ」とインプットだけで終わらせてしまうところを、今日は手を実際に動かしてサービスを利用するところまで実施した。

著書「アウトプット大全」に書いてあったことを早速実践した。

(アウトプットしないと身に付かない、いかにアウトプットが大切であるか、が述べられている本だ)

これを機に新たなスキルを身に付けようと思う。

 

②来年2月まで忙しくなりそうなこと

定時が迫った頃、元アメフト部Mさんから「少し時間ある?」と声をかけられた。

内容は、11月からの僕の新たなタスクについてだった。

10月までかなり忙しかったが、最近はようやく落ち着いてきた。

「だったらもっと早く帰って来いよ」と妻に言われる日々だが、相対的にはだいぶマシになった。

今度の仕事はボリュームたっぷり&スピード感が求められる仕事だ。

やり遂げられる見通しが全く無いため不安だらけである一方、恐いもの見たさに似た高揚感も感じている。

「ゴールから」「全体を俯瞰して」「単純に」を意識してやりきりたいと思う。

-------------------

妻へ。

(直接言う勇気はないので)ブログを通して伝えます。

また遅くなる日々が続くと思います。

少しでも早く帰れるように努力します。

悪気はこれっぽっちもありませんm(_ _)m

-------------------

 

定型文みたいに聞こえる。

もっと心に響くフレーズが浮かんでこないものか。

仕事からの帰り道に何度読み返しても脳味噌は反応しなかった。

僕自身本当に申し訳ないと思っているのになあ。

 

③祖父母に電話したこと

定期的に生存確認。

息子の動画を定期的に祖父のLINEに送っている。

もちろんスマホなんて持っていないので、パソコンにインストールしたLINEで動画見ている。

毎回動画を見ると折り返し電話がかかってきて、明るい声でひ孫の行動1つ1つに対して感想を話してくる。

80を過ぎても元気にしていてなりよりだ。

なんてことはない簡単なことだが、これが自分にできる「じじばば孝行」だと思いながら日々続けている。

 

美容室で話す派?話さない派?

■良かったこと

①美容師さんと楽しく話せたこと

2カ月ぶりに髪を切りに行った。

指名はしないため、担当してくれる人はいつも違う。

「今日はお休みですか?」「この後どこか行かれるんですか?」というお決まりのフレーズから会話が始まる。

いつもは2往復くらいして収束、が繰り返されて終わりだが、今日は途切れることなく会話が続いた。

美容師さん:今日はこのあとどこか出掛けるんですか?

自分:妻が携帯買い換えるので付き添います。」

美容師さん:iPhoneですか?

自分:iPhoneXSにするみたいです。

 

美容師さんも僕もiPhoneXを使っていて、ホームボタンが無くても全然大丈夫!という共感話から始まった。

そこから話題は料金プランの話に。

僕は毎月3GBも使わないが、美容師さんはなんと50GBも使うらしい。

何にそんなに使っているかというと、移動時間にプロ野球をずっと見ているようだ。

野球を続けてきたのにプロ野球には全く詳しくないことを悔やんだ。

幸いにも、一昨日の日米交流戦で柳田がサヨナラホームランを打ったと朝のニュースでやっていたのを思い出した。

この新鮮かつ最大限の情報をすかさず持ち出した。

プロ野球の会話がこれ以上広がる前に、「実は高校まで野球をやってまして、、、」と僕の高校時代の話にシフトした。

「レギュラー9人中7人が後輩だった」「鬼監督のもとびくつきながら続けていた」という内容から、「セカンドはバント対応やダブルプレーのカバーやらで地味ながらとても忙しい」というコアな話もした。

野球が詳しいだけに、このあたりも理解してもらえてとても良い気分に浸った。

 

そして話題は妻の話に。

美容師さんも結婚されていて、美容師さん自身も奥さんも福岡出身らしい。

自分の妻も九州(佐賀)出身であることを伝えると、「九州の方って半歩下がって付いてきてくれませんか?」と訊かれた。

美容師さんの家庭はそうらしい。

「いやいやいや!全然そんな感じじゃないですよ!うちは!」

この流れになったらもうお決まりの展開。

・バイトで出会ったこと

・年下なのに絶対に服従しない強固な性格

・5年経っても苗字で呼んでくる

などなど、様々なエピソードを畳みかけた。

「マジですか!?」を連呼する美容師さん。

「池田って呼ばれてるって奥さん自身も池田じゃないですか!」という皆様が口を揃えて言ってくれるこのフレーズも頂いた。

 

他に子供の話もしたが、妻とのエピソードが大半を占め、その話は会計後、お店を出るまで続いた。

高校野球が終わってもびくつきながら生活しています(笑)」

⇒半分冗談。

こんなに美容室で話したのは初めてだ。

良い人に切ってもらえて幸運だった。

喋りっぱなしの髪切りタイムも悪くないなと思った。

 

②小説を読み進めたこと

S君から借りた小説第二弾。

スマホを落としただけなのに

ちょうど今、北川景子主演で映画化されている。

世代に合っている設定で人物像やシチュエーションが掴みやすい。

170ページくらい読んで、展開が徐々に深まってきた。

ちょうど良いところで、休日が終わってしまった。

明日から仕事が始まるが毎日時間をとって読み進めようと思う。

S君 & 妻からすると、クライマックスがいまいちのようだった。

僕の知能レベルであれば十分満足できるのではないかと密かに期待を寄せている(笑)

 

③いつもと違う味付けの野菜炒めを作ったこと

CookDoの力を借りて。

 

びっくりドンキーを目指して

■良かったこと

①妻の定期検診に付き添ったこと

妻は妊娠約5カ月。

いよいよ性別がわかる!とわくわくしながら検診に付き添った。

結果、、、まだわからなかったーーorz

半年くらい経ってもまだわからないのか!

別に誰かを責めているわけではない(笑)

次回、4週間後の検診までお預けか。

何はともあれ母子共に健康状態だったので良し!

 

②行ったことがない駅周辺を散策したこと

妻から「雑色駅に行こう」という提案があった。

この駅は京急蒲田駅の隣にある。

急行が止まらない駅で、今まで各駅停車の電車には乗らなかったため意識したことが無かった。

なぜ急に行こうと言い出したのかというと、妻が大好きな「びっくりドンキー」というハンバーグレストランがあるからだ。

僕も行ったことがあるが、小中学生のときが最後だ。

 

隣の蒲田が栄えているから、雑色駅周りはあまりお店がないだろうと思っていたが、改札から出て驚いた。

OKストア、ファミマ、モスバーガー、100円ショップ、居酒屋、パチンコ店、商店街が目に飛び込んできた。

こんなにたくさんお店があって人がたくさんいるなんて!

アーケードには「昔ながらの」という言葉が似合う肉屋があり、ショーケースで揚げ物や焼き鳥を売っていて人集りができていた。

うちの最寄り駅には、どでかいイトーヨーカドーがあるだけで他にお店はないため羨ましいなと思った。

 

アーケードを抜け、大通り沿いを5分ほど歩いて目的のびっくりドンキーに到着。

 

近場でもまだまだ知らない場所がたくさんある。

家族で出掛ける際にはお散歩がてらひと駅ずつ開拓してみようかな。

 

③カラオケに行ったこと

びっくりドンキーで夕ご飯を食べて良い気分になって勢いでそのままカラオケに。

息子を連れて行くのは2回目だ。

カラオケでマイクを離さない奴は嫌われるが、息子は歌わないのにずっとマイクを1本占領していた。

将来が心配だ。

アンパンマンシンカリオンの曲を歌うと気分良く笑顔で声を発していた。

今まで「わーわー」言っていたのが、ようやく最近「歌」に近づいた気がする。

ちょっとだけ。

将来息子とシンカリオンを一緒に歌う日が来るのかな。

歌ってくれれば、だが(笑)

猛烈ダッシュ終電駆け込み

■良かったこと

①「おっさんずラブ」を見たこと

昨晩妻が録画していたドラマを見ていた。

おっさんずラブ

田中圭主演のおっさん同士の恋物語である。

この手の設定にはまるで興味がなかったため、僕はテレビを見ずに漢字練習をしていた。

(小説に出てきた難読漢字)

 

ひたすら漢字の書き取り

テレビをチラ見

漢字の書き取り

しばらくテレビを眺める

漢字の書き取り

テレビを見る

テレビを見る

ノートを閉じてテレビを見る

 

とにかくギャグ。コメディ。笑える!

最後にはちょびっと感動。

想像していた気持ち悪い感じではなく、男同士の愛情が熱すぎてなんだか清々しい(笑)

これだけ男に愛され、周囲に振り回させるのはまっぴらごめんだと思う一方、魅力ある人間性が認められているということでもあり、全てが不幸なわけでもないのかと感じた。

 

結局23:00くらいから3話も見てしまった。

なんだかんだ見てるとハマってしまった。

 

②麻雀できたこと

久しぶりに上司Fさん、常駐先の社員の方2名と業後に麻雀した。

1〜2カ月に1回このメンバーで卓を囲む。

初めて誘われたときは、まさかお客さんと打つことになるとは思ってもいなかったし、自分が誘われたことにも驚いた。

上司のFさんが、僕が麻雀好きであることを教えた(暴露した)のだ。

仕事でお客さんと話すことはほとんど無いので、こういう機会はとても貴重である。

しかも仕事じゃないから、下っ端ながらとてもラフに接することができる。

麻雀ジョークも飛び交い、たくさん笑いが起きる。

 

今日麻雀することを許してくれた妻には感謝しなくてはならない。

⇒「許してねえよ」って言われそうで帰りの電車の中でそわそわしている

 

彼女は、行きたがっていたライブやファンクラブ旅行も我慢して頑張ってくれている。

また彼女自身も麻雀が好きで雀荘でバイトをしていたほどだ。

今度はうちに人を呼んで妻も含めてやろうと思う。

(うちには自動雀卓がある)

 

結果は+1600円。

なんとかプラスで終わることができた。

 

③風邪を引かずに1週間乗り切れたこと

最近風邪がはやっている。

毎日仕事から帰って、うがい、手洗いをしっかり行ったおかげかな。

 

 

 

入社5年目の自分がやるべきことは

■良かったこと

①K君に業務についての説明をできたこと

働いているとどうしても自分の作業ばかりに集中してしまい、他の人への意識が薄れてしまう。

先日加わった入社2年目のK君の育成は、名指しで私が任命されたため、きちんとやり遂げないといけない。

「気になることがあったら質問してね」とだけ言って放置してしまいがちになるが、これはあまりに無責任だ。

今日は、数ある顧客企業が提供しているサービスのうちの1つについて、その内容と自分たちがどのように関わっているのかを説明した。

これは、以前自分が定例会議の場で、理解を深める一環として発表した内容だ。

もう数ヶ月経っていたが再びこの時にまとめた資料を使うとは思わなかった。

ざっくりとした説明だったが、「イメージが掴めて良く理解できた」と言ってもらえた。

説明した本人が自己満足に浸っているのが1番恥ずかしいパターンだ。

そうならないように時々理解できたか確認しながら進めた。

なんとか伝わったようでホッとした。

5年目ともなったら、自分のことだけでなく、後輩の育成にもしっかりと取り組んでいきたい。

 

②妻のおなかが少しずつ大きくなってきたこと

赤ちゃんの成長を感じる。

もう全長20㎝くらいにはなったのかな。

(前回の検診時は頭からお尻あたりまで約10㎝)

うずくまったポーズだから良くわからない(笑)

今週末には検診がある。

いよいよ性別がわかるかと思うとなんだかそわそわして気持ちが逸る。

何となく男の子のような気がする。

本当に何となく(笑)

女の子を育てるのがあまりに想像できないからかもしれないな。

 

③朝、家族が揃ったこと

今日は朝起きたらリビングの電気がすでについていて、妻がテレビを見ていた。

「寝てないな!」

時々こういうことがあるので、すぐにわかった。

夜に熟睡できるようになってほしいと切に願ってはいるが、普段は子育てやつわりと闘っていて自分の時間が持てていないから、偶にはこうやってのんびりしてもらうのも良いことなのかもしれない。

息子も朝起きてご飯を食べたので久しぶりに家族全員が揃った。

僕はいつもよりウトウトしていたので、朝食を食べる時間も無くバタバタしていたが、息子は元気いっぱいでなんだか活気を分けてもらった気分だ。

息子の幼稚園が始まったらこんな日常になるのかな。

その頃には赤ちゃんも生まれて、みんなの生活スタイルが変わる。

忙しくなりそうだが待ち遠しい。

 

 

我が家の救世主Hさん

■良かったこと

①筋トレ意欲が湧いたこと

帰り際に職場のNさん、Mさんと筋トレについて話した。

風邪を引いているのにNさんが、「ジムに行くか」とぼそっと呟いたことから会話が始まった。

夫婦揃って牡蠣にあたったらしく週末は寝込んでいたようだ。

日中もずっとお腹の調子が悪そうだった。

さすがに安静にしていることを奨めたが、何故かやる気に満ちていて、心なしか体調が回復しているように見えた。

 

元アメフト部のMさんは先週末にジムに行き、その2日後に筋肉痛になったそうだ。

筋肉痛が翌日にくるか、数日後に来るかの違いは「追い込み方」で変わるらしい。

極限までやると翌日に来て、そこそこに留める(手を抜く)と数日後に来る。

Mさんは、かつてベンチプレス110kgを持ち上げていたと聞き驚愕した。

この前は何kgでやったのか尋ねた。

「45kg」。

それはなめすぎだとNさんと共に笑った。

それは翌日に来ないわけだ。

 

帰り際にNさんは明日筋肉痛にしてくると宣言した。

つられて僕も同じ言葉を言い放って職場を出た。

狙いは上腕二頭筋

風呂場で頭が洗えないくらいまでやりこまないと筋肉痛は来ないだろうな。

言ってしまったからにはやるしかない。

頑張ろう。

 

②自社の上司と面談したこと

常駐先に上司(Hさん)が来ていて、30分ほど面談した。

42歳だが、見た目は若々しく、ユーモアがあって話していると自然と気分が明るくなる。

 

Hさんと初めて話したのは半年ほど前。

飲み会の席だった。

色々と話すうちに心を開き、僕の家庭は喧嘩だらけなんですよ〜と話すと思った以上に話を聞いてくれたり、アドバイスをくれたことを覚えている。

「3か月に1度は土産を買って帰る」

「記念日や誕生日に買うケーキはケチってはいけない」

Hさんは、行列に並んでお菓子を買って帰ったり、妻の誕生日は半年前から準備を始めてサプライズをするそうだ。

「参りました。」

頭が下がった。

これだけやっていればさぞかし家庭も円満なことだろう。

実際、飲み会に行くことを悪く言われたことは1度もないらしい(笑)

 

こんな会話を結婚記念日2週間前にしたものだから、この飲み会から帰って僕はすぐに横浜のホテルをとり、ディナーの予約をした。

お陰でとても思い出に残る記念日になった。

実際はディナー中に息子が泣きわめいて、食事途中で店を出る羽目になってしまったが(笑)

 

そんなHさんと今日は久しぶりに会話できた。

相変わらず家庭は荒れているのか聞かれたが、あの頃から一気に平和になったことを報告した。

いくら説明しても信じてくれなかった(笑)

夫婦仲が良くなったのもHさんのおかげだ。

我が家の(僕の)救世主的存在だ。

 

③新たな仕事を引き受けたこと