池田一樹s diary

池田一樹の日記

娘、爆誕。

息子の誕生日から1週間後の今日、遂に第二子が誕生した。
2548gの女の子。
少し小さいけど母子共に健康でなにより!
記念すべき今日一日を振り返る。

陣痛誘発剤を使うために妻は今朝から入院。
予定日より早いけど、赤ちゃんの成長がストップしたから早めに産むことになった。
薬を使うと気分が悪くなってしんどい、という情報もあって妻は不安そう。
僕も病院に行きたかったけど、どうしても今日は外せない仕事があったので一緒に行くことはできなかった。

息子が生まれた時は立ち会えなかったので、今回こそは何としても立ち会いたい。
仕事がちょうど終わるくらいに陣痛が来てくれたら・・・と密かに思いつつも、長引いて何日も苦しむことが無いようにと願った。
つわりがなかなか収まらず何日も吐いてしまったり、2回も逆子になって悩まされたりと数々の困難を乗り切ってここまできた。
最後の最後は少しでも苦しさが軽減してほしい。
安産であってくれ。
希望を裏切ることがあってはならないので、妻には今日だけはすぐに駆け付けられないと事前に言っていた。

朝10:00頃から誘発剤を打ち始め、頻繁に近況報告のLINEでスマホが振動する。
連絡があるたびに胃がキリキリと痛む。
一番大変なのは妻なのに、僕が緊張してしまう。
小心者だな~(笑)
お昼頃までにはだいぶお腹が張ってきたようだ。
これは思ってたよりその瞬間は早く来るかもしれない。

午後の仕事が終わったら早退させてもらえることに。
一刻も早く終わらせよう。
お昼休みに突入しても手を止めることなく働き続ける。
このまま突っ走ろう。

お昼休みが終わった後、13:20。
妻から電話。
遂に来たか!?
電話出ると、息が切れて今にも意識が飛んでしまいそうな弱った声で"今から分娩室に行く"と。
やべぇ焦る・・・。
しんどいのがもろに伝わってくる。
正直今すぐ行きたいと思った。
だけどこの仕事の担当は、僕を含めて2人しかいないからやるしかない。
葛藤を抑え込んで仕事を再開しようとすると、一緒に仕事を行うNさんが"病院行ってきな"と言ってくれた。
いやいや、それはできませんと断っても、それ以上に"いやいやいや行きな"と背中を押してくれる。
誰か別の人に代わってもらえば大丈夫!と提案してくれた。
ベテランのOさんにお願いしてみると快く引き受けてくれた。
その場をお2人に任せて、僕はすぐさま病院に向かった。

14:10。
電車とタクシーを駆使して最速で病院に辿り着く。
階段を駆け上がって分娩室近くの助産師さんに声をかけた。
「元気な女の子が生まれましたよ~。分娩室に入って10分で生まれて超安産でしたよ~。」
ぜーんぜん間に合わなかったーー。
無事に生まれて良かったーー。
10分は・・・早すぎだって(笑)

その後分娩室に入って妻と赤ちゃんと一緒に過ごした。

出産には出血を伴うから2時間はその場で安静にしていないといけないらしい。
妻の表情は柔らかくて肩の荷が下りたような印象を受けた。
赤ちゃんは元気に泣いているかと思うとすやすや眠って、少し経つとまた泣くというのを繰り返していた。
小っさいな~。
抱っこすると軽いしふにゃふにゃしてる。
まだ誕生して1~2時間だもんな。
こう見ると3歳の息子はだいぶ大きくなったんだなと思う。

赤ん坊を抱ける機会はもうほとんどないだろうな。
この数日、数カ月、数年をしっかり記憶に焼き付けておこう。

妻、赤ちゃん共にとてもよく頑張ってくれました。
お疲れ様!

 

■良かったこと
①母子ともに健康であること

 

②会社の人たちがサポートしてくれて早退させてくれたこと

 

③生後間もない娘をたくさん抱っこできたこと
息子のときはほとんど助産師さんに預けて見てもらっていた。
今回の病院は生まれてからすぐに母子が一緒に過ごすという方針。
1時間以上も抱っこさせてもらえた。

妻、入院まであと1日

なんだかんだこの週末も5時に起きて勉強や読書に勤しんだ。

やっぱり朝のしーんとした雰囲気は集中できる。

でもAM9:00ぐらいには早くも眠くなってしまう。

その時は15分仮眠。

これだけでスッキリ回復する。

早起き生活1週間はなんとか続いたな。

 

■良かったこと
①すき焼きを食べたこと
妻が明日から入院するのでその前に贅沢。
普段食べている肉のなんと8倍の値段の牛肉!
柔らかくて美味だった~。

息子を預けた直後だったから少しばかり申し訳ない気持ちも・・・。
実家でじじばば、ひいじじばばにチヤホヤしてもらうからいいかな?

 

②家の模様替えをしたこと
赤ちゃんが安全に生活できるように、リビングの洗濯物干しやカラーボックスを移動させた。
リビングって片付けるとこんなに広いんだ。
殺風景で生活感が無くなった(笑)
家を広く使いたかったら、物は極力ひとつの部屋(場所)に固めて置くのが良さそうだ。

 

③コナンのパズルを飾ったこと
妻が組み立てた1000ピースのパズルをトイレに飾った。
扉を開けると凄い迫力。
でけぇ。
今後遊びに来てくれる友人達もきっとビックリするだろうな(笑)

 

真の雀鬼

妻が陣痛誘発剤を使って出産に臨むことが決まった。

ここ2週間、お腹の赤ちゃんの成長が止まっているので、予定日を待たずに出産する方針となった。

1人目が自然分娩だったこともあり、妻は無事に乗り切れるか心配していた。

"未経験"というのはどんなことでも人を不安にさせる。

親知らずを抜くことにさえビビっていた僕には良くわかる。

(そして結局抜いていない)

週明けの月曜日に誘発剤を使って入院する。

この土日で少しでもリラックスできるようにしてあげられたらなと思う。

 

そして今日から息子は、再び僕の実家へ預けられた。

幼稚園に通うまでラストスパート。

立ちションをマスターしてこい!

 

■良かったこと

①出産の方針が決まったこと

 

②息子を実家に預けたこと

 

③本を買ったこと

伊坂幸太郎陽気なギャングが地球を回す

派手なカバーをしていて以前から気になっていた。

このシリーズは3作あるから長々と楽しめそうだ。

そして入院中に妻が読める本も一緒に購入。

どんな本が良いか聞いたら、5〜6冊候補が挙がったのだが全て麻雀関連の本だった。

イカれてる・・・。

真の雀鬼はこいつだ。

 

※妻へ

決して悪口ではありませんのでどうか気を悪くしないでください。

 

最近覚えた言葉「チーズハンバーガーは?」

きっちり定時に会社をでた。
家に帰るたびに「チーズハンバーガーは?」と3歳の息子が言ってくる。

惜しいな、チーズバーガーね。

毎日"おかえり"代わりに言ってくるけど意味わかってるのかな。
言いたいだけ?
それでも今日こそは早く帰ってマックを買っていってあげようと決めていた。

どこかで噂に聞いた「無料でピクルスを増量できる」説をふと思い出したので試してみた。
"かしこまりました"
あっさり(笑)
これを使わない手はない。
良いことを知ったぜ。

我が家における"たまにする贅沢"はマックorすき家だ。
息子よ、質素ですまん!

 

■良かったこと
①小説を読み終えたこと
池井戸潤「七つの会議」
まずはあらすじから。
※ネタバレ注意
-----------------------------------
中堅電機メーカー「東京建電」の営業一課の社員は厳しいノルマを課せられていた。
38歳の坂戸はバリバリ契約を取り、毎回ノルマを達成する。
決して威張ることもなく、人柄も良い。
かたや営業成績が悪く、会議では居眠りばかりしているぐうたら社員の50歳の八角(やすみ)。
この2人は仕事上のパートナーだ。
ある日、穏便な坂戸が八角にブチ切れる。
"足を引っ張るな。真面目に働け"と。
誰の目から見ても坂戸が正しいのだが、八角はまともに聞く耳をもたない。
その後も八角への注意は幾度となく繰り返される。

後日、八角によって坂戸はパワハラで訴えられ、人事部へ異動させられてしまう。
誰が見ても坂戸が正しく、パワハラは認められないだろうと思っていた周囲は唖然とする。
この事実の裏には驚愕の真実が隠されていた。

これは8部の短編の中の第1話目。
東京建電に関わる7人について「どんな想いで働いているのか」「どのような生い立ちで今に至ったのか」が描かれ真相へと迫っていく。
クライマックスで合点がいった。
この物語の主人公は"こいつ"か!
-----------------------------------
(感想)
初めて池井戸作品を読んでみた。
"会社の闇を暴く"という点で、かつてドラマで見た「半沢直樹」と似ているなと思った。
大きな組織に埋もれて働くなかで、性格がねじ曲がり、仕事への情熱が歪んでいく様が生々しい。
決してフィクションではないような緊迫感を感じた。
Aさんから見たBさんは嫌な奴だけど、Bさんの生い立ちを知るとその嫌らしい態度にも正義があることがわかる。
みんなに同情の余地があって、もはや何が正しいのかわからない(笑)
所詮正義なんて主観にすぎないのかも。
なかなか考えさせられる作品だったな。
会社の闇が徐々に露わになり、悪い奴が炙り出されていく展開は爽快でした。

 

②早く帰れたこと

 

③ピクルス増量のチーズバーガーが食べられたこと

コストダウン

今日は超さっくり書きます。

■良かったこと
①大学時代の先輩に会ったこと
保険屋さんになったKさんとはたびたび会ってお昼ご飯を食べる。
Kさんの保険には入っていないのだが、保険の種類や選択するときの勘所を色々と教えてもらった。
複雑な内容を流暢に話せるのは相当勉強した証なんだろうなと思う。
もともと人当たりが良く話上手だったこともあるだろうけど(笑)
どんな分野であれ、一流になるってのはカッコイイ。
僕は何の分野でそうなれるかな~。

 

②コストダウンを図ったこと
間食のエースである「玄米ブラン 157円」をベンチに下げ「ブラックサンダー 32円」を登板させた。
安い契約金にも関わらず、結構な充足感。
わずか100円ではあるけれども、立派なコストダウン。

 

③妻が家事を色々とやってくれたこと
今日はいつもに比べて帰りが遅く、あっという間に23時。
眠気と戦いながらブログを書いていると、食器洗い、米研ぎ、洗濯物干しを妻がやってくれた。
とてもありがたい。

明日乗り切れば一週間終了。
張り切っていこう。

ゴールデンウィークの予定が1つ決定

■良かったこと
①妻の両親が関東に来てくれることになったこと
ゴールデンウィークに我が家に初めて義父母が来てくれることになった。
遠路はるばる九州から。
久しく息子に会わせることができていないから、さぞ楽しみにしてくれていることだろう。
妻の姉弟たちが来られないのは残念だ。
全員(6人)で来たら交通費半端ない(笑)
僕も1年以上会ってないから楽しみだ。

 

②家族の会話が増えていること
今週は仕事から帰って全くテレビを観ていない。
夕食のときはその日あったことや息子の珍行動の話題になる。
たまに手伝いに来てくれる叔母がいるのだが、本人はいないのに永遠と名前を呼び続けたり、うんこをするのに20分も立ったまま踏ん張っていたり、と。
テレビを我慢しているわけではなく、自然にその流れになる。
バラエティーを見て笑ったりクイズ番組で白熱するのも楽しいけど、こうやってほのぼのした時間を過ごすのも悪くない。
爺さんみたいなこと言ってるな(笑)

 

③だんだん暖かくなってきたこと
・・・・。

 

早起きは三文の徳、は本当のようだ

■良かったこと
①祖母の癌が転移していなかったこと
不幸中の幸いだ。
転移していると手術できないようだ。
癌だと宣告されても取り除けないとしたら相当メンタルやられるな。
手術は4月の予定で、それまでの間また息子を実家で預かってくれるらしい。
息子と一緒に遊んだり、話していた方が明るく過ごせるだろう。
今週末に再び引き取ってもらうまで、家族3人で楽しい時間にしよう。

 

②息子が便座でおしっこしたこと
もう何度おしっこのことを書いてるだろう(笑)
床式おまるを卒業して、便器セット式おまるのスキルを習得した。
最終形態は立ちション。

 

③早起きしたこと
遂に!同期に貸してもらったMacBookを使ってSwiftを学習。
昨晩やろうとしたが、息子が寄り付いてきてとてもできたもんじゃない。
やむを得ず、夜早く寝て朝5:00に起きる方針に変更。
挑戦初日はすんなり起きられた。
家の中も外も静かでとても集中できる。
いいね~。
出勤の準備ものんびりできて良いこと尽くしだ。

会社に着くなり睡魔が襲ってきて即レッドブル摂取。
この生活、続くかな・・・。