池田一樹s diary

池田一樹の日記

ずる休み

今日は定例会議が無かったため、機に乗じて会社を休むことにした。
朝はいつもと同じ時間に起きた。
寝間着のままでいいし、弁当を詰める必要もない。
しーんと静まり返ったリビングで本を読んでいると、落ち着くぅぅぅぅ。
普段はかなり慌ただしく準備して家を出ているんだなと思った。

9:00頃に息子と散歩に出かけた。
妻からファミリーマートの「とろたま牛すきまん」が食べたいとリクエストがあったのでお使いに。
息子(もうすぐ3歳)は起きて間もないのに「出かけるよ」と言うと満面の笑みで飛び跳ねた。
この寝起きの良さは羨ましい。

「牛すきまん」は、すき焼き風の肉と半熟卵が入った肉まんだ。
お値段は税込み238円。
ちょっとリッチな朝食をいただきました。

■良かったこと
①本を読み終えたこと
伊藤羊一「1分で話せ」
スムーズに、かつスマートに話せるようになったらいいなと思い買ってみた。
ポイントを3つにまとめる。
1.ピラミッド構造で考える
2.意味が通じていればロジカル
3.聞き手の右脳を刺激する

1.ピラミッド構造で考える
結論
  |
根拠1-根拠2-根拠3
  |  |    |
  例    例     例

結論に対して根拠を3つ列挙し、それぞれ例を述べる。
この構造で考えて話せれば、1分で"スッキリ・簡単に"相手に伝えることができる。

2.意味が通じていればロジカル
「雨が降りそうだから、傘を持って家を出よう」
これでOK。
ロジカルシンキングとは難しく捉えられがちだが、得てしてこんなものだ。
ピラミッド構造で根拠まで考えたら、それぞれの意味が通じているかチェックすることが重要だ。
ちなみに「私はこの会社が好きだ。なぜなら会社の業績が良いからだ。」というこの文はロジカルではない。
主張と理由が直接的に紐づかないからだ。
会社の業績が良い⇒給料/福利厚生が良い⇒この会社が好き、ならロジカルだろう。
このように普段は非ロジカルなことでも勝手に頭で変換して意味が通じているような気になってしまう。
この罠に注意して、念入りにチェックしてみようと思う。

3.聞き手の右脳を刺激する
正論を述べても相手は動かない。
きちんと「お願い」することが重要だ。
その際に、相手が実際に行動する姿や変化した光景をイメージさせる(右脳を刺激する)ことによって、動いてくれる確率はぐっと高くなる。
その為には写真や映像を見せたり、「想像してみてください」という言葉を使って相手に考えさせるきっかけを与えるのが効果的だ。

この本を読むのは2回目だ。
2回読むとようやく内容が頭に入ってくる。
これらは日常のあらゆる場面で活用できるので、まずは頭の中にピラミッド構造を作ることから始めてみよう。

 

②ちょっとリッチな肉まんを食べたこと

 

③図書館に行ったこと
家から徒歩5分ほど離れたところにある図書館に家族みんなで行ってみた。
中学生のころ、受験勉強をしに行っていた地元の図書館に少し似ていて懐かしくなった。
あまり広いところではなかったのだが、妻はお気に入りの山村美紗サスペンスシリーズを見つけて3冊も借りていた。
我が家に読書の習慣ができつつあり、嬉しい限りだ。
ブログを書き終えたら、僕も本を読もう。

P.S.
会社を休んだ後ろめたさから、2時間だけ在宅ワークした(笑)

麻雀部 定例会へのお誘い

■良かったこと
①麻雀に行く許可がおりたこと
常駐先でたまに一緒に麻雀をするKさんが、遂にプロ雀士となった。
更に会社で麻雀部を立ち上げて、部長として定期的に活動(麻雀)をしている。
行動力と麻雀への愛の大きさに驚嘆する(笑)

麻雀部では月に1回、卓を囲む会を開いていて、10~20人ほど集まっているようだ。
その集まりに僕もお誘いを受けた。
妻に相談すると、1カ月に1回は麻雀OKという寛大なお許しをいただけた。
妻も麻雀が好きで、一時期は雀荘で働いていたほどだ。
妊娠していて今は難しいが、妻もきっと打ちたいんだと思う。
僕ばかりすみません。
チビッ子が生まれたら友人を招いてうちでも開催しよう。

僕の実力はまだまだなのだが、強い人と一緒に打てると思うとワクワクする。
⇒人が多く集まるからきっと強い人もいるだろう
"会社で話せる人が増える"というのも密かに楽しみにしている。
久しぶりに麻雀アプリをして勘を取り戻さなくては。

 

②ソフトウェアをソースコードからインストールする方法を知ったこと
少し専門的な内容になってしまうが、仕事で新しく学んだことがある。
Linuxソースコードからソフトウェアをインストールする方法である。
OSのバージョンアップに伴い、新しいOSに現在使用しているバージョンのソフトウェアをインストールし、正常に動作するか確認を行っている。
対象はApacheTomcat、nginx、Javaphpなどなど。
普通はyumrpmを利用するが、中にはソースコードしか公開されていないものがある。
この場合はwgetしたtar.gzファイルを解凍し、ソースコードコンパイルしてからインストールする必要がある。
生意気にも↑つらつらと書いてみた(笑)

最近までyumやらrpmやらコンパイルと言われても全く意味がわからなかった。
言葉を聞くだけで拒否反応がでた。
ところが、嫌でもこれらとお付き合いしないといけない仕事を任された。
1つ1つの用語を調べ、いくつもサイトを飛び回って説明を読んで、ようやく仕組みがイメージできるようになってきた。

理解度の少ない仕事は、かけた時間に成果が見合わずもどかしい。
進捗の悪さだけが目立ってしまう。
しかし、今日は少しばかり前進できた。
やっとか、とは思うけれど未知の仕事に挑戦してこそ、大きく成長できるんだと思う。
やるべきことはたくさんあるが、めげずに頑張ろう。

 

③息子が、歯磨き後に口をゆすぐ技を習得したこと
最近になって、息子(2歳10か月)は親がやってみせたことをちゃんとマネするようになった。
これがどれだけありがたいことか。
今より小さいときは、僕たちの言葉が通じているのかどうかもわからず、全てやってあげなければいけなかった。
「イヤイヤ」を連発して、どうしようもなくなることも多々あるが、きちんと成長しているようだ(笑)
直近の目標は「1人でトイレにいけるようになること」だ。

 

カリスマホストに学ぶこと

■良かったこと
①ローランドが出ているテレビ番組を見たこと
カリスマホスト"ローランド"が出ている番組を妻が録画しておいてくれた。
以前、彼が特集されている番組をたまたま見た。
ギャグとも思えるビッグマウスの裏に隠された、指導者としての姿やポジティブな考え方を見て一気にファンになった(笑)
(京都の歴史ある町を歩いていて)「今まで歴史を作ってきたけど、こうやって歴史を学ぶのも悪くない」
今回も相変わらず噴き出してしまうような名言/迷言を連発していた。

ホストクラブの後輩にアドバイスする場面が毎回映るのだが、相手を否定せず、自らやる気を出させるような指導っぷりにはいつも感心してしまう。
"〇〇しなきゃだめだろ"ではなく"〇〇できたほうがお客さんも喜ぶと思わない?"という感じ。
後輩が、自分の成長した姿や場面をイメージできるような言葉だ。
右脳を刺激するこの手法、今読んでるにビジネス文書もばっちり書いてあるぞ(笑)
やるな。。

3月には独立して、自分のお店を持つらしい。
今働いている店の同じ建物の1つ上の階に(笑)
また特集してくれるのを楽しみにしておこう。

 

②妻に卵焼きを2日連続で作ってもらったこと
ただの卵焼きではない。
クレイジーソルトを使ったスパイシーな風味のする卵焼きだ。
おしゃれ~。
ふわっとした食感で、後からほんのり香りがやってくる。
どんな味かと言われると、うまく言葉にはできないが、とにかく旨くて一気に平らげてしまう。
翌日の弁当のおかずとして残ることはない。
ぜひ次回は倍の分量で作ってください!

 

③本の読み方を変えたこと
小説をゆーっくりと1つ1つの言葉を噛みしめながら読んでいる。
平日は読書の時間はほとんど確保できないから、どうしても短時間でたくさん読もうとしていた。
先日、ハードカバーの小説を買ったのだが、文庫本より高級感が漂っているせいか、速く読むのがもったいなくてじっくりと目を通している。
当然、進みは遅いがその分場面がしっかりイメージできて「小説読んだぁ」という満足感に浸ることができる。
これなら、お得意の解釈漏れも防げるだろう(笑)

 

我が家はこんな感じです

仕事から帰ると息子がソファで寝ていて、妻が料理を作ってくれていた。
妊娠8か月になり、つわりも落ち着いたと思っていたのだが日中に戻してしまったらしい。
何カ月も体調が優れなくて辛いのに、ほとんど毎日料理をしてくれている。
この5年と半年、今まで幾度となく妻との紛争を繰り返して来た僕は、この日常が決して当たり前ではないということを肝に銘じている。
今日も夕食を頂けることに感謝の気持ちを。
アーメン。

うちの母親は全くつわりが無いと言っていた。
人によってこんなにも差があるなんて、なんだか可哀そうだ。
どうやったら僕が力になれるのか。
多分そんな大それたことではなくて、普段の生活の中のちょっとしたことの積み重ねなのかなあと思っている。
一緒にご飯を食べて、話をして、家事をして、子供と遊んで。

息子と共に調子に乗りすぎないように気を付けよう(笑)

 

■良かったこと
①具合が悪かったのに妻が料理を作ってくれたこと

 

②息子がおにぎりを上機嫌で食べたこと
寝起きの息子はなかなかご飯を食べてくれない。
おにぎりを作ってあげたら喜んで食べた。
これは使える!

 

③勉強したこと
妻は25×25マスのナンプレ、僕は小説に出てきた難しい漢字の書き取りをした。
夫婦そろって黙々と勉強するのも悪くない。

意識高い系の雰囲気に酔いしれてみる。
息子はその間、タブレットで電車の動画を見ているというね(笑)
現代のチビッ子の一番のオモチャはタブレットか。
贅沢なやつだな。

 

名探偵コナン 紅の修学旅行

■良かったこと
①コナンを見たこと
録画していたものをまとめて見た。
※ネタバレ注意
2週にわたる修学旅行編だ。
どうしても参加したいコナンは、灰原からアポトキシン4869の解毒剤を貰って、一時的に新一の体に戻る。
舞台は京都。
服部平次、綾小路警部、大岡紅葉、伊織、沖田総司など数多くのメンバーが出ていた。
映画でやっても良いのでは、という豪華さだ。

いつものごとく殺人事件が起きるのだが、今回は新一の姿で謎を解いていく。
途中、「あれれ~」とコナンの時の癖が出てしまったのには笑った。

今回のテーマは新一と蘭の恋物語
遂に、この2人が付き合うことになった。
ここまできたかぁ。
結ばれてほしい気持ちはもちろんあったが、それは物語が終わりに近づいている証でもあり、まだ先であってほしいというジレンマをずっと抱いていた。
新一でいられる時間にはリミットがあり、途中で修学旅行を抜け出すことになってしまう。
しかも良いムードの時にかぎって。
その後のメールでのやりとりで、お互いが"付き合っている"という共通認識を持つのだが、最後まで一緒に居られないところがこの作品らしくて良いなと思った。
元の体に戻ったら、存分に2人の時間を満喫してください(笑)
2人には悪いけど、それはまだまだ先であることを祈る。

 

②小説を買ったこと
王様のブランチで4人の小説家が、それぞれオススメの小説を紹介していた。
米澤穂信さんの「本と鍵の季節」が取り上げられていた。
簡単にあらすじが説明されていて、直感で面白そうだと思ったから早速買ってみた。
学校が舞台のミステリーだ。

小説だけでなくビジネス文書も紹介していて、この番組は良い!と思った。
多くの本を知る良いきっかけになりそうだ。
毎週観よう。

 

③家族で散歩に出掛けたこと
夕方、妻と息子と共に近くのブックオフヤマダ電機に出かけた。
特に何か買いたいものがあったわけではなく、散歩がてらに行ってみた。
ヤマダ電機では、いつものようにマッサージチェアでリラックスモードに入る。
息子を抱えた状態だったので、変な目で見られたかもしれない(笑)

最近妻はポケモンGOを始めた。
多くのポケモンをGETすべく、積極的に歩くようになった。
帰りもポケモン事情で遠回りして帰った。
体を動かすのは良いことだ。
寒くてなかなか運動しようと踏み切れない季節なのだが、妻には適度な運動をしてもらって健康でいてほしいと思う。
このアプリには感謝しないとな。

 

映画版、暗黒女子

今日は妻の友人が、旦那さんと1歳6カ月の女の子を連れてうちに遊びに来た。
普段は僕の友人が来ることが多く、妻の友人が来ることは珍しい。
妻とその友人は7年ほどの付き合いで、とても話が弾んでいた。

1年前に会った時、赤ちゃんはハイハイもできていなかったが、今日はもうスタスタと歩いていて、大きくなったなあとしみじみ思った。
息子(2歳10か月)と二人で遊んで、時々赤ちゃん語を交わしていた。
伝わってるのかな(笑)

お昼ご飯は鍋をした。
人参、ネギ、エノキ、鶏肉、豆腐、うどん、更にでっかい白菜を投入した。
溢れかえってとても食べきれたもんじゃないと思ったが、女性陣が食べる食べる(笑)
1時間半かけてほぼ全部平らげた。
そんなにお腹減ってたのかな。
鍋は簡単で栄養もあって素晴らしい!

その後は子供たちは遊ばせておいて、大人はゲーム三昧。
スマッシュブラザーズマリオカートをやった。
どれも白熱して盛り上がった。

スマブラは最初8キャラしかいなくて、最大76キャラまで増やすことができる。
突如、新キャラクターと1vs1の勝負になって、勝利するとそのキャラクターを使えるようになる。
今まで幾度となく負けてきて、取り逃したキャラクターのことを嘆いていたら、そのキャラと再戦できる方法を教えてくれた。
妻の友人は既に全キャラクターを解放しているベテランだ。
お陰で使いたかったキャラクター(ガオガエンクラウド)を存分に使って楽しむことができた。
我が家の成績はボロボロだったが(笑)
練習しないといけないのだが、人が遊びに来たとき以外はなかなかゲームをしないというね(笑)

妻がママ友と会える機会がなかなかないので、リフレッシュできたのではないかと思う。
遠くからはるばる来てもらってとてもありがたい。

明日は月曜日だが祝日だ。
最高。
小説でも買いに行こうかな。

 

■良かったこと
①妻の友人がうちに遊びに来たこと

 

スマッシュブラザーズSpecialのキャラの出し方を知ったこと

 

③映画「暗黒女子」を見たこと
※ネタバレ注意
昨日、小説で読んだ「暗黒女子」の映画がAmazon Primeにあったので観てみた。
小説の方が圧倒的に面白かった。
数百ページの内容を1~2時間に凝縮しているからしょうがないか。
ただし、大きな収穫が1つ。
クライマックスの「ゾッとする」要素を小説では読み取れておらず、映像で見て初めてわかったのだ。
闇鍋中に主人公が殺されたことが明らかになるのだが、"実はその死体が闇鍋に入れられていた"という衝撃の事実を。
血で赤く染まった鍋の映像を見てハッとした。
小説では、婉曲的な表現だったので全く気付かなかった。
主人公が殺されたことばかりに目がいっていた。
僕が驚いていると、妻はかなり呆れかえっていた。
妻も小説を読んでいて、当然のごとく気づいていたと。
自分でも情けなくなった。
昨日、小説を読んだ後、さんざん見どころや感想をブログに書いていた自分が恥ずかしい。
今まで読んできた小説でもこういうことがあったのではないかと想像すると、これこそゾッとする。
勉強しないとな。

ぶっちぎりのNo.1 暗黒女子

昨日(1/13)は小説を読んでいたら夜遅くなり、日記を書けなかったのでまずは昨日の分から。

 

大学時代に所属していた野球サークルの友人4人がうちに来てくれた。
朝から大掃除。
赤ちゃんを連れてきてくれるということで、隅から隅まで気合いを入れて行った。
洗濯物を取り込み、家中掃除機をかけて洗面所やキッチンを磨き上げた。
洗面所は普段なかなかやらないから、見違えるほど綺麗になって満足。

 

みんな集合すると、だいぶ賑やかになった。
1歳7か月の男の子と生後5か月の女の子を連れてきてくれた。
息子(2歳10か月)は普段1人で遊んでいるから、一緒に遊べる友達ができて舞い上がっていた。
一番お兄ちゃんであるせいか、威張っているようにも見える(笑)

 

妻は赤ちゃんが大好きだ。
終始(自分の息子には見せない)朗らかな表情で癒されているようだった。

 

5年前、まだ大学生だったころは、みんなと会うのはだいたいグランドか居酒屋だった。
それが今や子供たちが走り回ったり眠ってる空間で、酒も飲まずにのんびりと他愛のない話をしているなんて異様な光景だ。
もちろん良い意味で(笑)
それだけ時間が経って、みんなの生活が変わったということか。
そんな穏やかな気持ちに浸っている一方で、女子達はサークル時代の先輩や後輩のインスタグラムを見て、この写真はヤバいだのあり得ないなどと言っていて、相変わらずだなと思った(笑)

みんなも子供たちも元気そうで良かった。
次会うときはチビッ子の人数が増えていたりして(笑)
楽しみにしておこう。

 

■良かったこと
①家中掃除したこと

 

②大学時代の友人に久しぶりに会えたこと

 

③小説を読み終えたこと
秋吉理香子「暗黒女子」
職場のS君に貸してもらった本だ。
(僕基準)面白い小説ランキング"No.1"。
読み終えた瞬間に確信した。

まずは概要から。
(ネタバレ注意)
-------------------------------------------------
女子高の文学サークルメンバーが暗い部屋に集まって、闇鍋をしている。
人数は6人。
闇鍋とは、複数人が材料を持ち寄り、お互いの材料を明かさずに暗中で調理して食べる鍋料理のことだ。

このサークルの会長"白石いつみ"は誰もが羨む完璧な美貌を持ち、頭脳明晰でカリスマ的存在だった。
文学サークルはいつみが設立し、いつみに認められた人しか入会することができない。
広い部屋にソファ、数々の本、最新のキッチンが備えられたサロン(部室)で、文学作品を読んだり執筆してはお互いに意見交換をするなどして活動している。
このサークルに入ることは学生みんなの憧れだ。

 

1週間前、突然いつみは亡くなった。
校内の花壇に血まみれになって倒れていて、その手にはすずらんの花が握られていた。
原因、経緯は不明のまま。
自殺したのか、それとも殺されたのか。
殺されたとしたら一体誰が、何のために?

 

今回の闇鍋会では、メンバー全員が"白石いつみの死"をテーマとして短編小説を書き上げ、持ち寄った。
進行役はいつみの親友である澄川小百合。
小百合以外の5人のメンバーが1人ずつ読み上げる。
いつみとの出会い、いつみとの思い出、そして"いつみを殺した犯人"が書かれている。
いつみはとにかく尊敬され、敬愛されていた。
そんないつみを殺した忌まわしき犯人とは。

このサークルに所属する人(闇鍋会の参加者)を犯人だと述べているのだが、あろうことか全然が別の人物を指している。
自分は誰かを疑い、誰かに疑われている状態。
ダイイングメッセージと思える"すずらんの花"の解釈もバラバラ。
事実をもとに書かれた小説の中で述べられている出来事やいつみを殺害する動機には納得できる。
しかし、各々のストーリーにはわずかながら矛盾する点が存在する。
誰かが嘘をついている
真犯人は誰なのか。
果たしてこの闇鍋会で真相は解明されるのか。
-------------------------------------------------
(感想)
読み終えた瞬間、心の中は絶叫状態。
イヤミスなのに幸福感が溢れ出す感覚だ。

各人が発表する物語を読むたびに"こいつが犯人か"という予想がころころと変わった。
頭がこんがらがってしまったので、ノートを出して5人の関係性をまとめてみた。
<朗読者>⇒<疑っている人>と書いてみると、見事にぐるっと一周してしまい思考停止状態に(笑)

明らかに矛盾している点があったので"この人が嘘をついている場合・・・"と考えてみたのだが、それでもしっくりこない。
これは会長いつみが怪しいパターンだ。
小説を何冊か読み、僕の勘も精錬されてきたのでは?

とりあえず2時間ほど読むつもりが、先が気になりすぎて結局4時間以上も読んでしまった。
完読。

僕の予想はとことん裏切られ、異次元とも思えるような結末が待っていた。
そこまでやりますかね。
この上なくゾクゾクして、日付が変わっていたのにアドレナリンが沸き上がって体の内側が熱くなった。
人間の恨みは底知れない。
やるとなったらとことんやる。
ここまでやるのは地球上の生物の中でも人類のみだろう。
人間ってすごいな~(怖いな~)と思った(笑)

すぐさま妻にも薦めた。
S君、本当にこれは最高!ありがとう!